犬のアトピーはヨーグルトや乳酸菌が効く?

a_130
Pocket

犬の皮膚の病気である、アトピーやアレルギー性皮膚炎にヨーグルトが良い理由を解説していきますね。

アトピーの大半は腸内環境と深い関係があり、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸の環境を整えることでアトピーへも良い効果をもたらす結果が出ています。

最も手軽に犬の腸内環境を改善するには?

お薬は副作用が気になる、ヨーグルトを毎日のフードに入れるのは大変。。
そんな飼い主様にはサプリメントでの腸内改善をおススメ致します。

我が家でも愛用している「aikona(あいこな)」は獣医も推奨するほどの人気が高い犬用サプリメントです。

aikonaでの皮膚改善レポート!

ウチのマルチーズ「まるちゃん」の体験レポートを共有しますね!

  • pro7毛艶や毛並みも悪く、カサカサ肌が目立っていました。
  • aikona2-1腸内環境を直すべく、気になっていたaikonaを購入。
  • aikona2-1丁寧な解説書や食べさせ方もセットで届きました。
  • aikona2-1いつものフードに大さじ1杯を振りかけるだけです。
  • aikona2-1aikonaを振りかけるといつもより食い付きが良いです。
  • aikona2-12カ月後です。特に、肌質や毛並みにハッキリ変化が起きています。

開始から2ヵ月程で、明らかな違いを感じました。アトピー肌も良くなり、カイカイも少なくなったと実感しています。他のサプリに比べ価格も安くて本当に助かっています♪

このaikonaには、6種類の健康成分が配合されており、含まれている乳酸菌は「有胞子乳酸菌」で生きたまま腸に届く上、さらにモリンガがまでが含まれているのが特徴です。

価格も1回あたり70円と安く、ヨーグルトを買って与えるのとほぼ変わらない程です。

モリンガが含まれているので白内障の予防や健康全般にも影響が大きくお勧めです。

まずは犬アトピーが起きる原因をご解説

犬が生体外にあるアレルゲンに感作して生じる皮膚炎を、アトピー・アレルギー性皮膚炎と呼びます。

その中には、食餌がアレルゲンとなる食餌性アレルギー性皮膚炎もあり、これは季節に関係なく起こります。

アレルゲンとなる食物は多く、主としてタンパク質成分に原因があると言われています。

犬では、様々な肉類・牛乳・卵や穀物などが例として挙げられます。

これらのアレルゲンを日々摂取していると、アトピーを発症したり、悪化させてしまったりが起きると言われています。

腸の改善がアトピー改善につながる理由

アトピーの根本からの治療において、自身の体質を改善させる治療法があります。

特に腸内環境を整え、細菌のバランスを取ることが大事であると言われています。

というのも、人間や犬の腸内にはたくさんの腸内細菌が住んでおり、それらの力関係が皮膚の健康に大きく影響しているからなのです。

近年、アレルギー体質の方が多かったり、アトピーのような症状を発症する人が多くなっているのも、食生活の欧米化により、腸内環境が整っていない人が多いからだという意見もあるくらいです。

そこで活躍をするのが、腸内環境を改善するために良いと言われている食材の一つに、ヨーグルトです。
ヨーグルトや豆乳グルトなどには、腸内環境を健康に導いてくれる善玉菌が豊富なのです。

犬へのヨーグルトの与え方を解説

ヨーグルトは犬に与えても大丈夫な食材ですのでご安心ください。

与え方としては、いつものドッグフードに大さじ1杯程度混ぜてあげるのがベストです。

ただ、その際に与えるのは甘くない、プレーンのヨーグルトにしてあげて下さいね。

また、ヨーグルトの他には、チーズも良質なタンパク・脂肪源となります。

特にカッテージチーズにはほとんどカルシウムが含まれていませんし、脱脂もされていますのでオススメします。

チーズを与える際は塩分を取りすぎないように注意してあげて下さいね。

アレルギーを起こしにくい食品は?

アトピーをはじめとするアレルギー性皮膚炎では、一般的でないタンパク質の食餌制限が治療として用いられています。

ここで言う「一般的でないタンパク質」には、ラムやダック、カペリン(カラフトシシャモ)などが含まれます。

普段、あまり摂取することのない種類のお肉を使った、アレルギー性皮膚炎に罹っている犬のために作られた特別な処方食も動物で取り扱っていますので、そういうものを食べさせてあげるといいと思います。

余談になりますが、逆に食べさせるものを控えた方がいい食材もあげさせていただくと、玉ねぎ・ネギ・ニラ・ニンニク(溶血性貧血を起こしてしまいます)、生の卵白(ビタミンを破壊する物質を含んでいます)やチョコレート(カフェインやテオブロンといった中枢興奮・強心利尿作用を示す物質が含まれていますので大量に摂取するとテンカン・尿失禁などを起こしてしまいます)、香辛料の効いたものや味の強いものなどがあげられます。

特にタマネギは煮てもダメですし、身なしの煮汁を与えることもやめて下さいね。

最も手軽に犬の腸内環境を改善するには?

お薬は副作用が気になる、ヨーグルトを毎日のフードに入れるのは大変。。
そんな飼い主様にはサプリメントでの腸内改善をおススメ致します。

こちらの「aikona(あいこな)」は獣医も推奨するほどの人気が高い犬用サプリメントです。

6種類の健康成分が配合されており、含まれている乳酸菌は「有胞子乳酸菌」で生きたまま腸に届く上、さらにモリンガがまでが含まれているのが特徴です。

価格も1回あたり70円と安く、ヨーグルトを買って与えるのとほぼ変わらない程です。

我が家では既に1年使用しており、ワンコのアトピーも解消されハゲていた背中の毛も綺麗に生え揃うようになりました。

モリンガが含まれているので白内障の予防や健康全般にも影響が大きくお勧めです。

お薬の副作用が気になる方にオススメ

ペット用化粧水で毎日のスキンケア

AVANCE(アヴァンス)

お薬やサプリが苦手なワンちゃんには、無添加・天然温泉成分の ペット用化粧水「AVANCE(アヴァンス)」がおススメです。

「AVANCE(アヴァンス)」は各種ペット雑誌でも多く特集されている為、ご存知の方も多いかと思いますが、動物病院でも使用されており、多くの獣医師が利用の推奨をしている実力・人気共に高評価のペット用化粧水です。

【期間限定】送料無料でご案内
犬のアトピー対策/治療薬 アポキル錠

《価格比較表》 参考価格 ご案内価格
1錠当たり 400円~ 150円~
1ケース:20錠 8000円~ 3638円~
3ケース:60錠 24000円~ 9040円~