犬アトピーの原因と避妊手術は関係があるの?

▼ 2018/11/19更新 最安値価格はコチラ ▼
[最終更新日]2018/11/17[公開日]2017/02/06

みなさんは避妊手術・去勢手術に対して、どのようにお考えですか?

今は犬を飼ってらっしゃる方も猫を飼ってらっしゃる方も、手術を受ける方の方が多いように感じられます。

では一体、手術を受けるとどのようなメリットがあるのでしょうか?また、どんなデメリットがあるのでしょうか?

手術のメリット

手術を受けることで得られるメリットには、望まない妊娠を防ぐことが出来る、発情期のストレスから解放される、生殖活動に余計なエネルギーを使うことがないので寿命が伸びる、などがあげられます。

特にメスの場合は、早いうちに避妊手術を行うことで乳腺腫瘍になる確率を下げることが出来る、年を取ってから子宮蓄膿症になる危険性を回避する、などもあげることが出来ます。

動物病院でも、このようなメス特有の病気にかかる確率を下げるために手術を進めるケースが多いように感じられます。

手術のデメリット

どんな事柄にもメリットとデメリットは存在します。

もちろんそれは避妊・去勢手術にも言えることで、手術を受けることで生じるデメリットというのも考えていかなければなりません。

避妊手術も去勢手術も、全身麻酔のもとで行われます。

よって、麻酔をかけることのリスクも背負う必要があります。

そして、実際に手術を受けて卵巣や精巣を摘出すると、性ホルモンの分泌がなくなります。

ホルモンのバランスは崩れ、体調が悪くなってしまう子も中にはいるかもしれません。

実際、看護士として働いていた時によく耳にしたのは、太りやすくなった、という声です。

アトピー患者と避妊手術の関係性は?

これも様々な意見があると思いますが、体質を改善させるため、という点では手術を検討してみるのも一つの手段なのかな、と個人的には思っています。

また、アトピー患者が感じるストレスを軽減させることが出来るという点でも手術は考えてもいいのかもしれません。

ですが、アトピーに侵されている皮膚にメスを入れることが果たして体にとっていいことなのかどうか、という疑問ももちろんありますので、一概に、手術をした方がいいともしない方がいいとも言い切れないというのが現状です。

かかりつけの獣医さんとよく相談をして、愛犬・愛猫にとって一番いい方法を選んであげてください。


犬のアポキル錠 通販での購入をご案内 アポキル錠の通販情報はこちらから >>>
正規品を最安値にてご案内しております。