運営歴10年の実績!犬猫アトピー/皮膚病お薬ご案内

【期間限定】送料無料でご案内
犬のアトピー対策/治療薬ならアポキル錠!

《価格比較表》 参考価格 ご案内価格
1錠当たり 400円~ 150円~
1ケース:20錠 8000円~ 3638円~
3ケース:60錠 24000円~ 9040円~

アポキル錠は新しいお薬という点と 優れた有効成分を含んでいるため、 動物病院での購入の場合は、 非常に高額なケースが多いのが実情です。 海外からアポキル錠を個人輸入の場合は、 前者の場合よりもお安く購入が可能です。 ご検討中の方は是非、御参考下さいませ。

アポキル」タグアーカイブ

アポキル錠は下痢や嘔吐が起きる?原因と仕組みを解説!

犬のアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎にお困りの方の救世主となっているアポキル錠。 様々な副作用が心配なステロイド剤よりははるかに副作用が少なく、使用する飼い主さんも安心ですよね。 このアポキル錠、副作用はあるのでしょうか。 どんな薬にも必ず副作用はありますが、ではアポキル錠にはどんなものがあるのでしょうか。 これを読めば、アポキル錠の効く仕組みや、副作用について詳しくなりますよ...   [この記事の続きを読む]

犬アトピーの原因と避妊手術は関係があるの?

みなさんは避妊手術・去勢手術に対して、どのようにお考えですか?今は犬を飼ってらっしゃる方も猫を飼ってらっしゃる方も、手術を受ける方の方が多いように感じられます。では一体、手術を受けるとどのようなメリットがあるのでしょうか?また、どんなデメリットがあるのでしょうか? 手術のメリット 手術を受けることで得られるメリットには、望まない妊娠を防ぐことが出来る、発情期のストレスから解放される、生殖活...   [この記事の続きを読む]

犬のアトピーはヨーグルトや乳酸菌が効く?

犬が生体外にあるアレルゲンに感作して生じる皮膚炎を、アレルギー性皮膚炎と呼びます。 その中には、食餌がアレルゲンとなる食餌性アレルギー性皮膚炎もあり、これは季節に関係なく起こります。 アレルゲンとなる食物は多く、主としてタンパク質成分に原因があると言われています。 犬では、様々な肉類・牛乳・卵や穀物などが例として挙げられます。 ヨーグルト乳酸菌よりおススメ お薬は副作用が気になる...   [この記事の続きを読む]

アポキル錠のゾエティス・ジャパンとは?

あなたの犬が皮膚病に悩んでいるのなら朗報です!2016年7月に新しく発売された「アポキル錠」をご存知でしょうか。ステロイド剤と同様の効果を示すのに対し、ステロイド剤で不安な副作用がほとんど見られないお薬です。 アポキル錠のゾエティス・ジャパン アポキル錠という名前は初めて聞かれる方も多いのではないでしょうか。 このアポキル錠というお薬は、2016年7月にゾエティス・ジャパンから発...   [この記事の続きを読む]

アポキル錠の使い方 – 体重と薬用量の関係

2016年7月に発売されたばかりの新しいお薬アポキル錠は、犬のアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎での痒みに対して素晴らしい効果を発揮してくれるお薬ですが、まだ発売されたばかりの新薬ということもあって、正しい使用方法が浸透していないことが懸念されています。 アポキル錠の使用方法 アポキル錠は、アトピー性皮膚炎に伴う症状及びアレルギー性皮膚炎に伴う掻痒の緩和を目的として処方されます。投薬にお...   [この記事の続きを読む]

アポキル錠の犬の副作用 – 非ステロイドの強み

今まで、犬のアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎の治療に使用されていたのは、ステロイド製剤やシクロスポリン製剤などでした。ステロイド製剤は即効性や高い有効性、低価格といった利点がありましたが、反面、副作用も問題視されていて、飼い主の中にはステロイド製剤の使用に恐怖意識を持つ方もいたそうです。 アポキル錠ならステロイド問題を解決! シクロスポリン製剤は利点として、犬アトピー性皮膚炎に対す...   [この記事の続きを読む]

アポキル錠の効果と成分を徹底調査!

2016年5月22日(日)ホテル椿山荘東京において、ゾエティス・ジャパンが主催する新薬発売開始記念企画講演が実施されました。 沢山の犬アトピー関係者が注目のアポキル錠 当日は日曜日、しかも17時からのスタートであったにも関わらず、300名の定員はほぼ満席であり、インターネット視聴者数も約600名にのぼるなどして、この新薬に対する臨床獣医師の先生方の注目度の高さが伺われる講演となりました...   [この記事の続きを読む]

犬のアトピー性皮膚炎の治療薬と副作用

アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎は、強い痒みを起こすことが特徴であり、主な症状とされています。犬は痒みを感じた部位をとても気にして、引っ掻いたり舐めたり、時には噛んだりもします。ですが、そうすることで皮膚はますます過敏になり、炎症が増幅し、さらなる痒みへとつながってしまうのです。こうした悪循環を痒みサイクルと呼んでいます。 皮膚炎の治療ではこの「痒みを止めてあげる=痒みサイクルを断ち切る...   [この記事の続きを読む]